2019-03-09

農業という選択

こんにちは!

いさむブドウ農園のいさむです。

1.開園に至るまで学生時代の話
の続きになります

農業の道に進んだきっかけ

将来やりたい事が見つからずに大学卒業まで迷っていましたが、農業という道に進むきっかけになったのは、父親の存在でした。

元々私の家は兼業お米農家です。農業で生計を立てている訳でもなく、自分の家で消費する程度の量の規模で栽培しています。

そんな中で自分が学生時代に突然父親が脱サラを行いお米を作っていた農地を畑に変えて野菜農家を始めました。

しかし、農業経験や栽培技術も無くさぼり気味に一人で野菜栽培を行っていた父は当然失敗…何年経っても成長せずに5年以上無駄に過ごしていたと思います。

そんな自由に過ごしてる父親を学生時代ずっと見てきましたが、農地や農機具等栽培に必要な物は全て揃っている状態なので就職せずに農業という道もアリなのではないか…?

一人ではさぼり気味な父も自分と二人なら真剣に取り組み農業で生計を立てれるようになれるのではないか…?

安易な考えですが少しずつ農業に興味を持つようになり気付けば大学は卒業、就職せずに父親のお手伝いを始めて農業の道に徐々に進んでいきました。

…続く


新規就農の道のり

→1.開園に至るまで学生時代のお話

→2.農業という選択

関連記事